38歳貯金5000万でセミリタイアは可能か

f:id:dongchanbakachan:20180111135022p:plain

 

偶然、AmazonでKotaroさんというブロガーの方の本を見つけて、三冊読んでみた。

健康は不労所得(ストレス解消費、無駄な交際費、見栄張り費が浮く)、円貯金が増えたら負け、ブログの電子書籍化などの考えが書いてあり、興味深かった。

 

Kotaroさんのブログを拝見してみたら、

「45歳・貯金3000万円でセミリタイアする場合、取り崩していい金額は年間いくらか」という記事があり、計算方法が載せてあった。

 

参照:

45歳・貯金3000万円でセミリタイアする場合、取り崩していい金額は年間いくらか - SOUTAi 40
会社を早期退職してセミリタイア生活を送るときに一番心配なのが 取り崩していい貯金は年間いくらまでか? ではないだろうか。 貯金を十分用意してセミリタイア生活に突入したものの「お金の心配」をしながらチビチビと貯金を取り崩す...

 

興味があったので、自分も計算をしてみた。

「38歳、貯金5000万円で早期退職して95歳まで生きる場合」について計算してみる。

 

条件:

38歳で純金融資産5000万円で退職する。金融資産は現預金と株で持つとする。

38~64歳の間は、フリーランス、株の配当金、保険積立などで年収100万円を稼ぎながら東南アジアのどこかでセミリタイア生活を送る。

65歳から貯金を全部使いきって95歳ぐらいまで生きる。日本の年金には加入してないので、年金は無しと考える。

 

計算結果・・・。

取り崩していい貯金(年額)は35万円、年間支出額は135万円で、95歳まで生きられるらしい。

実際に自分の平均的な生活費は月に10万円も行かないから、同じ生活スタイルを続けた場合年間支出額は120万円。

その場合、102歳まで生きられてしまう。。。

絶対に嫌だ・・・。出来たら誰にも迷惑を掛けずにポックリ死にたい。

 

もちろん人生には想像もしていないアクシデントや病気・怪我がつきもの。

それでも結婚しない、親の介護を考えていない事を考慮して、試算的には十分生きていけそうだと思う。

 

※前のブログから移管させた記事です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました